BenQ プロジェクター導入事例

-お客様に聞く- 株式会社日総ビジネスサービス様

株式会社日総ビジネスサービスは、お客様のニーズに対応する迅速性と現場の関係者の生の声を伺う謙虚な姿勢を重視し、人材派遣業を中心に、市場調査、健康、意識調査の企画・販売、PC機器ソフトウェア―の開発・販売を行っています。このたび、新たにベンキュージャパン株式会社のプロジェクターの導入をしました。ベンキューのプロジェクター導入の経緯とその活用方法について、日総ビジネスサービス 瀧井國明会長にお話を伺いました。

もくじ

ベンキューのプロジェクター活用方法

ー 最近、ベンキューのプロジェクターを導入されたとのことですが、どのように活用されていますか。

ベンキューのプロジェクターは、資料をお客様に大きく見せる際に使用しています。一般的な使用方法かと思いますが、これまでは資料を作って紙に印刷をしてお客様へ説明をしていたので、手間も印刷や紙のコストもかかっていたのですが、プロジェクター導入でその点がスピーディーになり、効率化が図れています。

ー 使い勝手はいかがでしょうか?

昔は、プロジェクターでの投写は、投写距離を必要としたので、広い部屋がないと使えなかったのですが、今回導入した短焦点プロジェクターMW632STは、小さな部屋でも大画面で映せるところが非常に気に入っています。2mの距離で120型が映せるなんて昔では考えられませんでした。また、明るさも3200ルーメンあるので、いちいち照明を消さなくて済むのが助かっています。

プロジェクター導入の選定ポイント

ー 以前からプロジェクターを使用されていたのでしょうか。

実は、以前、国内大手メーカーの代理店を行っていた時期があり、プロジェクターを取り扱っていたことがありました。現在は代理店業務は行っていないのですが、人材派遣業務の関連で様々な企業様とコミュニケーションを取っておりますので、過去のそのような経験もあり、パソコンやパソコン周辺機器の導入についてのご相談を受けることも多いです。

ー プロジェクターを導入、ご紹介される際はどのような点を重視するのでしょうか。

コストパフォーマンスが高いことはもちろんですが、導入後のメンテナンスコストまで計算に入れて導入を検討している会社は非常に少ないと感じます。プロジェクターはここ数年でかなり買いやすい価格になってきていると思いますが、ランプの値段は各メーカー共にプロジェクターほど価格が下がっておらず、高いままですので、長く使用ができる、ランプ寿命が長いプロジェクターをおすすめしています。ベンキューさんのプロジェクターはランプ寿命をコントロールする、スマートエコという革新的なテクノロジーも入っており薦めやすいですね。

また、液晶方式のプロジェクターはフィルターの定期的な清掃が必要になりますが、DLPプロジェクターはフィルターレスでメンテンスフリーですので、その点もお薦めしやすいです。プロジェクターは、1度導入したらすぐに買い換える機材ではないので、お客様の立場に立って導入後のメンテナンスやコストのこともお話しています。

ー その他に導入の際に印象に残ったことはありましたでしょうか。

ベンキューさんは今回導入した短焦点プロジェクターのラインナップの豊富さはもとより、エントリーから高輝度まで幅広く揃っている点に驚きました。これだけラインナップが豊富だと、使用用途に合わせて選びやすいと思います。また、DLPプロジェクターのシェアで世界No.1をキープし続けているとのことですので、信頼性も高そうですね。唯一の懸念だったサポート面に関しても、日本国内にサポートセンターがあり、しっかりと対応してもらえたので、国内メーカーと遜色ない印象です。

ー ありがとうございました

株式会社日総ビジネスサービス 瀧井会長 本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

株式会社日総ビジネスサービス

URL:http://www.kk-nbs.co.jp/

※取材日時:2015年10月